読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅーすの拾い場

日々のニュースの備忘録

立候補者の年齢が変わる?自民党が被選挙権年齢の引き下げを検討へ

自民党党本部

◇自民、被選挙権年齢引き下げ検討 若者重視の姿勢打ち出す狙い URL http://this.kiji.is/84180252099198979?c=39546741839462401

引用:

 自民党は夏の参院選公約に、被選挙権年齢引き下げの検討を盛り込む方向で調整に入った。党幹部が20日、明らかにした。連立を組む公明党や、野党第1党の民主党も既に引き下げに前向きな意向を示している。足並みがそろえば、実現への期待が高まりそうだ。

 自民党は、国政選挙の立候補者が支払う供託金の減額検討も掲げる構え。参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる見通しになっているのを踏まえ、若者重視の姿勢を打ち出す狙いがある。

:引用終了

以下、Twitterの反応

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 現行の公選法では、衆院議員は25歳以上、参院議員や都道府県知事は30歳以上が立候補の要件となっています。しかし被選挙権年齢だけを引き下げても、多額の供託金などの課題も残っているため、これだけで若者が立候補するという事態には結びつかないと思います。むしろ政治家二世・三世の枠を広げるだけのような…