にゅーすの拾い場

日々のニュースの備忘録

プルトニウム米国返還へ 輸送船が東海村到着

プルトニウム輸送船

プルトニウム輸送船が東海村到着 米国に返還へ、21日にも出航

引用:

 核物質の管理強化を進めるオバマ米政権の方針に沿って日本が米国への返還に合意した研究用プルトニウムなどの核物質を運ぶとみられる英国の輸送船が21日朝、茨城県東海村の港に到着した。日本原子力研究開発機構原子力機構)の施設に保管されていた核物質を積み込み、同日にも米国に向け出航する見通し。

引用終了:

◇プルトニウム輸送船が到着 東海村から米国へ返還、21日にも出航

引用:

 プルトニウムは331キロで原爆40~50発分に相当。冷戦期に英米仏が日本に提供し、高速炉の実験に使われた。米国の核監視団体によると、これほどの量のプルトニウムが海上輸送されるのは1993年にあかつき丸が約1トンをフランスから日本に運んで以来となる。

 輸送船は「パシフィック・イグレット」。護衛役を務めるもう1隻の輸送船と共に英国を1月に出航し、今月に神戸港に入港した。ほかに高濃縮ウランも運ぶ予定。最終処分のため米南部サウスカロライナ州にある米エネルギー省のサバンナリバー核施設に運ばれる。

引用終了:

以下、Twitterの反応

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 Twitterではガメラ思い浮かべる人が多いみたいですね(笑) かくいう私も「そっちか!」と思ってしまった一人ですが…

 

 今回のプルトニウム輸送は、2014年にオバマ政権が日本政府に返還を求め、両国が同意していたものでした。3月31日にワシントンで開催される第4回ワシントン核セキュリティ・サミットの前に着手することで、その成果として喧伝する狙いがあるようです。

広告を非表示にする