読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅーすの拾い場

日々のニュースの備忘録

オバマ大統領キューバへ歴史的訪問!現職大統領としては88年ぶり!

obamakyu-ba2.png

◇米大統領 キューバに到着 88年ぶり

引用:

 アメリカのオバマ大統領は、日本時間の21日朝、キューバに到着しました。現職のアメリカ大統領がキューバを訪問するのは88年ぶりで、現地では首脳会談や野球の親善試合の観戦をして、国交回復に伴う両国の新たな時代の到来をアピールする見通しです。

 オバマ大統領は、現地時間の20日午後4時すぎ(日本時間の21日午前5時すぎ)、キューバの首都ハバナに到着しました。

アメリカとキューバは、キューバ革命をきっかけに1961年に国交を断絶してから半世紀以上にわたって対立してきましたが、去年7月、国交を回復し、現職のアメリカ大統領としては88年ぶりとなるキューバ訪問が実現しました。

 オバマ大統領はこのあと、ミシェル夫人ら家族とともにハバナの旧市街を訪れることになっています。

引用終了:

◇米・オバマ大統領がキューバ訪問 ラウル・カストロ議長と会談へ

引用:

 任期が1年を切ったオバマ大統領にとっては、自ら敷いたキューバとの正常化への道を1歩でも前に進め、政権のレガシー(遺産)にしたいとの強い意向がある。

 訪問にあたり、オバマ大統領は、キューバへの渡航制限の緩和や、アメリカ企業のキューバ進出解禁の方針を打ち出し、実際に、多数のアメリカ企業幹部を同行させている。

 早速、アメリカの大手ホテル資本が、キューバのホテル経営に乗り出すと発表するなど、経済面での関係強化は急速に進んでいるが、一方で、制裁の完全な解除には、アメリカ議会が反発する「人権問題」が足かせになっている。

 オバマ大統領は、このあと行われるラウル・カストロ議長との会談や、キューバ国民向けの演説、民主活動家らとの対話を通じ、人権問題の進展を強く求める意向。

 キューバ政府側は、人権問題について、「内政干渉だ」と、譲歩する姿勢は示していない。

 2015年夏に国交が回復し、観光客などは急増したものの、依然、月の平均給与が3,000円に満たないとされる国民の生活改善には、制裁の全面解除が不可欠との立場で、今回の会談でも、強くアメリカ側に求めてくるものとみられる。

引用終了:

以下、Twitterの反応



 今回の訪問は間違いなく歴史の教科書にも載るような画期的な出来事で、オバマ大統領のレガシーの一つとなるでしょう。

 

 首脳会談のあとには、22日にキューバ国民に向けての演説も予定されているとのことで、続報にも注目したいと思います。