読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅーすの拾い場

日々のニュースの備忘録

【驚愕】落語家の桂歌丸氏、「笑点」の大喜利司会を降板へ!5月22日の放送が最後の出演に!

「笑点」桂歌丸

http://www.ntv.co.jp/sho-ten/cast/index.html

 落語家の桂歌丸(79)が4月30日、東京・後楽園ホールで行われた日本テレビ笑点50周年記念スペシャル』(5月15日、後5:00)の収録に参加。5月22日の放送を最後に大喜利司会の引退を発表した。今後、歌丸は終身名誉司会に就任し、番組の直前に放送されている5分番組『もう笑点』には出演する。

 1966年5月放送開始以来、5月15日でいよいよ満50年を迎える同番組。『笑点50周年記念スペシャル』では「50周年記念口上」をはじめ、50年の歴史の中で起こった事件を振り返る「笑点事件簿」、スペシャルゲストを迎えた「50周年記念大喜利」を放送。また、22日までの1週間「祝50周年!笑点おめでとうウイーク」として、大喜利メンバーたちが同局のさまざまな番組に登場する。

http://www.oricon.co.jp/news/2071054/full/

 日本テレビ系「笑点」(日曜午後5時半)の5代目司会者桂歌丸(79)が、5月22日の生放送を最後に、大喜利司会者を退くことが30日、分かった。

 この日、都内で行われた「笑点50周年記念スペシャル」(15日午後5時)の公開収録の最後に発表、終了後に会見を行った。

 歌丸は、司会を退く理由について「体力の限界です。歩くのが大変に苦しい。歩くと息切れがしてしまう。これ以上続けますと、迷惑をかけてしまう」と、09年に患った肺気腫の影響が大きいとした。昨年夏には腸閉塞(へいそく)で入院するなどしている。

 心境を聞かれると「正直言いまして、さみしいですよ。50年間、しゃかりきになってやってきた番組。でもふんぎりをつけなければ席を譲ることはできない」。

 今後については「落語をやる以外になにもない。80歳になったら少し、少し楽をして落語の勉強をしたい」と、落語への意欲を語った。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1639855.html

以下、Twitterの反応



 「笑点」第1回放送からの出演メンバーである歌丸師匠が引退ですか…。これも時代の節目かもしれませんね…。引退は寂しいですが、入退院を繰り返していたことを考えると妥当な引き際かもしれません。ひとまずは長らくの出演、お疲れ様でした。