読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にゅーすの拾い場

日々のニュースの備忘録

アニメ映画「キンプリ」が異例のロングヒット!応援上演など新たな鑑賞スタイルが話題に!

キンプリ

https://www.youtube.com/watch?v=naMiNZt39WI

 上映中は静かなはずの映画館が、若い人たちの“歓声”や“合いの手”であふれる、「応援上映」という鑑賞スタイルが話題になっています。アニメ作品「KING OF PRISM by Pretty Rhythm」、通称「キンプリ」はここ数か月、ネット上で「こんなアニメ見たことない」、「応援上映やばい」など何度も関連するツイートがトレンドワード入り。当初の予想をはるかに上回る異例のロングランを記録、興行収入を伸ばし続けています。「キンプリ」とは何なのか。そして、なぜ、異例のヒット作となったのか。行動経済学の視点から分析してみます。

“キンプリ”とは

 「キンプリ」は10代の男の子たちがスターを目指して切磋琢磨(せっさたくま)するアニメ作品で、ことし1月、東京や大阪など僅か14の映画館で上映が開始されましたが、ネットを通じて人気が広がり、上映する映画館は6月1日現在で、全国延べ100を超えています。通常、1か月程度で終わる上映期間も6か月を超えるなど、異例のロングランを続けています。

こうしたヒットのきっかけとなったのが「応援上映」という鑑賞スタイルと、参加した人たちによるSNSの口コミでした。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160610/k10010552491000.html?utm_int=news_contents_news-closeup_001


 「キンプリ」こと『KING OF PRISM by PrettyRhythm』は、元々『プリティーリズム・レインボーライブ』という女児向けアニメに登場する男子キャラにスポットを当てた公式スピンオフ作品になります。公開当初はわずか14館スタート、興行収入も3000万円程度と見られていましたが、応援上演など口コミによって新規客層をも巻き込み、公開から6か月の現在では全国100館以上で公開、興収約6億円、動員36万人を突破するなど快進撃を続けています。

 18日からはシーンに応じた特殊効果を体感できる4DXシアター上映も決定してます。4DXといえば同じく異例のロングヒットを記録している「ガルパン」こと『ガールズ&パンツァー 劇場版』も上映中であり、今年はアニメ映画が熱い年になるかもしれませんね。

 *ガルパンは去年公開の映画のはずですが(笑)

◇KING OF PRISM by PrettyRhythm公式サイト

◇「キンプリ」こと「KING OF PRISM」の興行収入が6億円! 36万人がバーニング 全国の4DXシアターで上映決定、6月18日には大阪で舞台挨拶も‼︎

◇ガールズ&パンツァー 劇場版公式サイト